SACSISにポスター出した

NPBをRubyに限らずいろいろな言語に移植してベンチ取ったというネタでSACSISにポスター(PDF)貼ってみた.まあくっだらねーネタなのですが.さあSWoPPは「ぼくのかんがえたさいきょうのべんちまーく」というネタで出してしまった…間に合うかな.

何にせよさっさと卒業して出ていきたいなあ.

情報理工学系研究科ポスター2011年版 今年の文字列はこれだっ!

データ打ちが完了しましたので(@Mekajiki ありがとう!),Google Docsにあげておきました.打ち間違い等の指摘を歓迎します.

引き続きハッシュタグ #istposter でわいわいがやがやしましょう!

追記:解読されました.はやっ! 正解はここには書きませんので,みなさんも独力で解読してみては?解かれる経緯を知りたい方は @arcatdmz のこのエントリ,あるいはtogetterをどうぞ!

情報理工学系研究科ポスター2011年版

追記:データ打ちがひとまず完了しました.詳しくは次のエントリで.なお,データ照合のため,独自にやった人がいましたら歓迎しますので照合結果を教えてください.

1年前に情報理工学系研究科のポスターに書かれた謎の文字列というエントリでポスターに書かれた暗号を掲載しましたが,今年も同様のポスターが掲示されています.

さすがに文字打ちするのはコリゴリなので,分担してデータ打ちしたいと思います.こちらが区画分けを施したポスター拡大画像です.Aの1・2行目は見にくいので,現物を確認して私が打ちます.協力してくださる方は,Twitterで#istposterのハッシュタグをつけた上,「Cの3行目やります」といった形式で宣言してください.後ほど私が集計してうpします.

データの受け渡しに関してですが,Google Docsが使える方はURLをDMでお送りします.それ以外の方はペーストビンやgistあたりがいいと思います.

今回の地震のスパコンへの影響

追記(2011-03-23 16時27分):  統数研は停電の第4グループに入っており,ほぼ毎日停電しているとのこと.

追記(2011-03-15 16時57分): 理研,T2K(筑波),環境研の状況を追加しました.

Top500に載っている日本のスパコンについて,被害状況を調べてみました(調べたのは昨日の時点).

4位&88位,TSUBAME2とTSUBAMEは輪番停電に巻き込まれている. http://www.gsic.titech.ac.jp/node/402
33位,JAEAのシステム計算科学センターはつながらず. http://ccse.jaea.go.jp/
42位,物性研は運用停止中. http://bit.ly/gOQioV
54位,ES2は運用停止中. http://www.jamstec.go.jp/es/jp/info/110314.html
59位,JAXAのJSSは運転停止状態かつWebも影響を受ける. https://www.jss.jaxa.jp/cgi-bin/jssportal/index.cgi
70位,T2K(東大):停止中. http://www.cc.u-tokyo.ac.jp/
74位,理化学研究所の状況は不明.→ 輪番停電の影響をうけるようだ. http://accc.riken.jp/ricc/riccinfo/20110315-2.html
96位,T2K(筑波)はWeb自体が死んでいる.→Webは復帰,スパコンは停止中 http://www.ccs.tsukuba.ac.jp/ccs/
102位,国立環境研究所はWebが落ちている.→Webは復帰,スパコンの状況は不明 http://www.nies.go.jp/
131位,Plasma Simulatorのある核融合科学研究所は岐阜なので影響なし. http://www.nifs.ac.jp/
138位,ヒトゲノムセンターのSHIROKANEはノード数減少中とのこと. https://supcom.hgc.jp/japanese/
153位,気象庁気象研究所がつながらない.研究機関の性質上止まっているとは考えにくいのだが. http://www.mri-jma.go.jp/
158位,170位のT2K(京大)とK computerは西日本だから影響なし.
219位,電力中央研究所は状況不明. http://criepi.denken.or.jp/
220位,物質・材料研究機構は輪番停電の影響あり. http://www.nims.go.jp/news/archive/2011/03/vk3rak0000010zof.html
279, 383位のGRAPE-DRがある国立天文台,XT4とSX-9は止めると書いてあるのだけれど… http://www.nao.ac.jp/
377位,LSBMは動きなし.通達は行ってると思うのだけれど. http://www.lsbm.org/
493位,統計科学技術センター.立川だから影響受けそうなもんだけど,何も書いてない.→ 第4グループに入っており,ほぼ毎日停電しているとのこと. http://www.ism.ac.jp/computer_system/jpn/index.html

かなり影響を受けていることがわかります.
ってか壊滅してね???

 

東北・関東大震災に際しての記録

地震発生時

その時私はエースコンバット04をやっていた.地震が始まって30秒くらいは気にせずゲームを続けていたのだが,初期微動の長さに異常を感じ,何故か冷静にstartボタン(エースコンバットではゲーム中断ボタン)を押してTwitterに「でかい」と書き込んだ.それからテレビの電源を切り,テレビを押さえ始めた.さらに30秒するとがたがた揺れ始めたので,脇のディスプレイも押さえた.あまりにも長いのと,家がミシミシ言っているのを聞いて恐怖を感じた.窓を開けたかったが腰がすくんで動けなかった.

地震発生直後

揺れが収まってから,ベランダに出て外の様子を確認した.それから階段を確認.写真立てが落ちてガラスが散らばっていた.ドアから外に出て,家屋に大きな損傷がないことを確認.竿が落ちていたが重かったため一人での復旧を断念.

ひと通り終わったので研究室の心配をし,自分のマシンの生存を確認したところ,教授から大丈夫との旨のreply

その後,お湯をだそうとしてガスが動いていないことに気づいた.断線・ガス漏れの点検が頭から抜けていたことに気づき,反省.

報道

一番衝撃的だったのは,やはりNHKのヘリが中継中に捉えた,動いている車が津波に飲み込まれる様だ.アナウンサーの声に明らかに動揺が見えた.プロですらたじろぐのだ.

NAS Parallel Benchmarks 3.0 Ruby移植版を公開しました

NAS Parallel Benchmarksの移植をしている旨は先日お伝えしましたが,バグも取れましたし,ささださんところの雑談会で飛び入り発表してみたら需要がありそうだったので,善は急げということで最低限の体裁を整えてNPB Ruby移植版を公開しました.性能評価マニアや処理系実装者はぜひ使ってください.

解く問題の,ファイルを用いた細かい指定は未実装だったりやりかけだったりですが,そこまで細かく動かす人は多分いないと思うので,気が向いたら,という感じで.

また,Linpackも移植してあるので,暇な方はどうぞ.

なお,とりあえずDhrystoneとLinpackでの結果を見る限り,Rubyでこの手の計算を行った場合,486世代のCPUで計算したのと同じくらいの性能になるようです.つまり20年前のCPUでやってるのと同じ.まあフォーマルな性能評価はそのうち私か別のM1が論文にして出すかもしれないし,出さないかもしれない.

追記:複数形のsが抜けているという些細だが重大なミスをやらかしてしまいました.現在のものは差し替え済みです.すみません

DhrystoneのRuby移植版を作りました

うちの研究室で突然各種ベンチマークをRubyに移植するのを持ちかけられたので,簡易なJava to Rubyトランスレータを作ってやっつけてみました.

とりあえずNAS Parallel Benchmark(以下NPB)とDhrystoneをやってます.NPBはシリアル版のみ動作確認が取れていて,マルチスレッドについて問題が発生しているのでまだ出しません.Dhrystoneについてはとくに問題もないのでここに放ってあります.Java版からの自動変換なので少し変ですがおいおい直していこうかと.

http://www-hiraki.is.s.u-tokyo.ac.jp/members/tknose/

まあRubyでHPCなんてうちとささだ研くらいだと思いますけど,要る人はどうぞ.

ちなみに,Ruby版のNPBはあまりにも遅くてすべての結果は取れていないのですが,Sun JVM 1.6でのシリアル版に比べだいたい3%のスピードしか出ないですね.(Rubyは1.9です.)

Scala+Lift memo

mvn archetype:generate \
-DarchetypeGroupId=net.liftweb \
-DarchetypeArtifactId=lift-archetype-basic_2.8.1 \
-DarchetypeVersion=2.2-RC5 \
-DarchetypeRepository=http://scala-tools.org/repo-releases \
-DremoteRepositories=http://scala-tools.org/repo-releases \
-DgroupId=net.tnose \
-DartifactId=myArtifactId \
-Dversion=1.0