Qt版Firefoxをビルドしてみた

UIが悲惨。ページのレンダリングは一見まともだが、日本語のレンダリングは壊滅。IMEも使えない。

IPA モナーフォントが入っている環境では、

failde to find a font. sadface
Failed to find font entry for IPAMonaPGothic
failde to find a font. sadface
Failed to find font entry for IPAMonaPGothic

と言われて起動しない。なんとなくLANG=Cしたら行けた。あと、qcms.hが足りないといわれてビルドできなかったので、gfx/thebes/public/gfxPlatform.hを書き換える必要があった。

Qtは4.5.0、OSはUbuntu9.04(AMD64)。

VirtualBoxがX61 Tabletで動くようになった

VMware PlayerよりVirtualBoxのほうが使い勝手がよいので、本当はVirtualBoxを使いたかったのだけれど、X61 TabletではVirtualBoxで何らかのゲストを起動しているときに無線LANをONにするとホストごとフリーズするという現象があった。このためずーっとVMware Playerでやりくりしていたんだが、VirtualBox2.2.0でこれが直っていることを確認した。VirtualBoxのTracにもなんか書いてあるね。

しかし、VMware Playerでも2.5でCD-ROMドライブのisoの入れ替えが行えるようになったので、もうどっちでもいいかなあ、という感じ。もちろん仮想マシンの作成ができるだけVirtualBoxのほうがまだ使いやすいけどさ。

ReactOS 0.3.8

毎度毎度Firefoxの動作しか確認してないわけですが。

Firefox2について。半透明PNGが化け化けになる現象は解消された模様。マウスを動かし続けないと通信してくれない問題は引き続き起こる。0.3.7以前の一時期直ったはずだが…

Firefox3について。文字幅の計算がおかしいのか、文字の描画される位置がめちゃくちゃになる問題がある。しかし、XUL部分に関してはこれが発生しない(何かの拍子におかしくなることはあるが)。そもそもツールバーが描画されなかったりしてまだまだ使い物にならない。

nsIFrameを継承しているクラスの階層図

Benjamin Smedberg氏のブログで、nsIFrameを継承したクラスの階層をSVGで表現した図が公開されている。WebKit系で大きなSVGを表示してもスクロールバーが出ないのね…。今はGoogle Chromeを常用しているので面喰った。

この図はDehydra(日本語解説記事)で作ったとか。ちゃんと活用してるのね。