D言語 + DWT に決定

どうせだから新しいことに挑戦しよう。

Windows/Linuxで動く

DWTにはDWT-WinDWT-Linuxという二つの実装が既にあり、さらにDWT-Cocoaの開発も進行中。SWTのLinux版のBrowserウィジェットはGeckoを使っており、これも当然Dに移植されるはずである(今まさに進行中)。

「とりあえずWindowsで」とか言ったけど、やっぱりLinuxでも使いたいんだよね。

ネイティブのWidgetを使う

Nimbus並みにきれいならネイティブでなくてもいいのだが。

EclipseライクなGUIが作れる

CTabFolderいいよCTabFolder

多分使わないけど。

JFaceまで移植されている

JFaceいいよJFace

難点

いかにもJava。setTextとか…。DWTよりDFLのほうが好ましいんだが、GTK版の開発が一向に進んでない(現時点で最新のコミットが1年前)のでパス。

あと、StyledTextが日本語を入力すると落ちる。これどうにかならんのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です