Twitter API Wikiからコードを生成する試み

Twitter API Documentationからスクレイピングしたデータをつかって、Twitterに対応するコードをある程度自動で生成できないかなと思って、いろいろ試している。

WikiのHTMLのソースコードがあまりにも汚いので、DOMやらSelectors APIで頑張るよりも、Lynxを lynx -dump “url” > hoge みたいに使って、その出力を利用した方が早かった。

パラメータのあたりでちょっとおかしな挙動をすることがあるけど、ざっと一覧する分にはもうこれで十分なくらいだ。

まあいつまで使えるか分からん代物なんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です