情報理工学系研究科2012年版ポスター

F○XC○NNの工場でアイポッド組立に従事するようになり早一ヶ月,私の古巣でまたもや01の文字列の印刷されたポスターが掲示されているという情報を得た.
世界的に有名な諜報組織モ○ドの協力でその写真を入手することに成功したので以下にそれを示す.

い,いったい7号館で何が起こっているんだ……!?

じゃなくて!

気を取り直してもう一度……

やっぱり和服なのね。風邪引いて気力が極限まで減退してるので文字おこしは今年は勘弁して下さいな.あともうちょっと拡大した写真も持っているので必要なら声をかけてください.Twitterの様子を見ると, #istposter のハッシュタグで在学生数名が既に解読に取り掛かっているようです.

ボツ原稿

0101000111001110101001001110011100111100001001000000100001010100
1001001111011101111110110001100001000110001010001110111010111110
1100010110110010101011011111011100110101110011011000111011100111
1101000110110000001101011011010000110100111100011000111000001110
0100010001010001011100011110101101110101110000001001001111100011
1100011111010100100111000001011010101001111000111111101101001110
1100100001100100000101011000111100001010010111110100101011010101
1001101010110001011111010110010011101011100100010110011111101111
0110011110111111010111000110001001110010110100001010100001011010
1010000101011101100100000010000110001100111100101110101111101110
1011001000110101001101001111110000111001001111011110001111010110
1101101110011111011011011011100001010010101110100011101100010011
1111110111010100101010010100101111110010111110011111001100000011
1100100001101110010010001001010010000100111000110000001011101010
0100110000010110111001100001010110011001000010110010111111011101
101111001010010110010111110001

MinCamlをF#でコンパイルできるようにした

とりあえず動けばいいやと思ってたので型を合わせるだけの簡単な仕事をした.なので汚い.基本的に素のF#の範囲でどうにかしようと思ってたんだけど,List.memの代替品がなさげなので,やむなくPowerPackのOCaml互換モジュールを使った.今できているのはPowerPC版だけだがdiffを見ればすぐSPARC版もできるはず.fib.mlは合致することを確認済み.float.cはまだ移植してない.

SACSISにポスター出した

NPBをRubyに限らずいろいろな言語に移植してベンチ取ったというネタでSACSISにポスター(PDF)貼ってみた.まあくっだらねーネタなのですが.さあSWoPPは「ぼくのかんがえたさいきょうのべんちまーく」というネタで出してしまった…間に合うかな.

何にせよさっさと卒業して出ていきたいなあ.

情報理工学系研究科ポスター2011年版 今年の文字列はこれだっ!

データ打ちが完了しましたので(@Mekajiki ありがとう!),Google Docsにあげておきました.打ち間違い等の指摘を歓迎します.

引き続きハッシュタグ #istposter でわいわいがやがやしましょう!

追記:解読されました.はやっ! 正解はここには書きませんので,みなさんも独力で解読してみては?解かれる経緯を知りたい方は @arcatdmz のこのエントリ,あるいはtogetterをどうぞ!

情報理工学系研究科ポスター2011年版

追記:データ打ちがひとまず完了しました.詳しくは次のエントリで.なお,データ照合のため,独自にやった人がいましたら歓迎しますので照合結果を教えてください.

1年前に情報理工学系研究科のポスターに書かれた謎の文字列というエントリでポスターに書かれた暗号を掲載しましたが,今年も同様のポスターが掲示されています.

さすがに文字打ちするのはコリゴリなので,分担してデータ打ちしたいと思います.こちらが区画分けを施したポスター拡大画像です.Aの1・2行目は見にくいので,現物を確認して私が打ちます.協力してくださる方は,Twitterで#istposterのハッシュタグをつけた上,「Cの3行目やります」といった形式で宣言してください.後ほど私が集計してうpします.

データの受け渡しに関してですが,Google Docsが使える方はURLをDMでお送りします.それ以外の方はペーストビンやgistあたりがいいと思います.

NAS Parallel Benchmarks 3.0 Ruby移植版を公開しました

NAS Parallel Benchmarksの移植をしている旨は先日お伝えしましたが,バグも取れましたし,ささださんところの雑談会で飛び入り発表してみたら需要がありそうだったので,善は急げということで最低限の体裁を整えてNPB Ruby移植版を公開しました.性能評価マニアや処理系実装者はぜひ使ってください.

解く問題の,ファイルを用いた細かい指定は未実装だったりやりかけだったりですが,そこまで細かく動かす人は多分いないと思うので,気が向いたら,という感じで.

また,Linpackも移植してあるので,暇な方はどうぞ.

なお,とりあえずDhrystoneとLinpackでの結果を見る限り,Rubyでこの手の計算を行った場合,486世代のCPUで計算したのと同じくらいの性能になるようです.つまり20年前のCPUでやってるのと同じ.まあフォーマルな性能評価はそのうち私か別のM1が論文にして出すかもしれないし,出さないかもしれない.

追記:複数形のsが抜けているという些細だが重大なミスをやらかしてしまいました.現在のものは差し替え済みです.すみません

DhrystoneのRuby移植版を作りました

うちの研究室で突然各種ベンチマークをRubyに移植するのを持ちかけられたので,簡易なJava to Rubyトランスレータを作ってやっつけてみました.

とりあえずNAS Parallel Benchmark(以下NPB)とDhrystoneをやってます.NPBはシリアル版のみ動作確認が取れていて,マルチスレッドについて問題が発生しているのでまだ出しません.Dhrystoneについてはとくに問題もないのでここに放ってあります.Java版からの自動変換なので少し変ですがおいおい直していこうかと.

http://www-hiraki.is.s.u-tokyo.ac.jp/members/tknose/

まあRubyでHPCなんてうちとささだ研くらいだと思いますけど,要る人はどうぞ.

ちなみに,Ruby版のNPBはあまりにも遅くてすべての結果は取れていないのですが,Sun JVM 1.6でのシリアル版に比べだいたい3%のスピードしか出ないですね.(Rubyは1.9です.)